スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ありがとうございました。

 震災から19日がたち、今年度最後の学校行事「離任式」が行なわれました。
久しぶりの学校に、浮き足立つ ム・ス・コ
 今年は息子が2年生の時担任だった F先生が離任されます。

 F先生は新卒一年目で息子の担任になられ、若くて・美人で・優しいと三拍子揃った
担任になって、息子は毎日楽しく学校へ通ってくれました。

 一年生の後半頃から、疑われる発達障害について勉強したり、専門の病院を受診したりと
とても不安な毎日を過ごしていました。
 そんな時担任になってくださったのが F先生でした。
F先生は発達障害の勉強をされてきたとあって、とても親身に、息子に添って
いつも接してくださって、二時間も話を聞いてくださったこともありました。

 不安なまま3年生になり、母の不安どおりクラスでの息子に対するいじめが
おき、毎日毎日「学校いきたくな~い!!」「休み時間がいやだ!!」
 息子は3年生になってからも、学校で嫌なことがあるとF先生のクラスへ
行き、先生を探したそうです。

 私一人では解決できなくて、担任を離れてからも電話で相談したこともありました。

 ず~と、一人で悩んでいたけれど「一人じゃないんだ!!」と思えた
できごとでした。

 息子をを育てて、色々な方々と接して感じたことは
教育とは高い知識のある方よりも、深い愛情のある方のほうが
子供はまっすぐ成長していくように感じました。


  息子は今回の震災を初めすご~く残念がっていましたが、そんな息子に
「守られる立場の今、大きな震災にあってラッキーだったんだよ
この次大きな震災がきたら、父として我子、妻を全力で守りなさいね!」
 何も言わずだまって聞いていましたが、深い愛情で家族を守れる
強い男に成長していけるように、母として見守っていこうと思います。

 最後になりましたが、F先生お元気で・・・。

 恋愛の相談は 森野琴梨 まで・・・。


               CIMG1994.jpg



     
スポンサーサイト
長男君 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/29 19:21
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。