スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

月の上の観覧車



父の付添中に
     
      荻原浩著 月の上の観覧車 を読んだ。
 表題作を含む短編集になっていて、いくつかのエピソードが収録されていて、どれも考え深く読みました。

 その中で レシピ というタイトルの作品がすごくよく、定年を迎えた夫のために
キッチンで料理をしている妻の回想録を、彼女がこれまで書き留めていたレシピをたどって
語られている話なのですが、女として共感できる部分がかなりあり、
世の夫気味よ妻の前で、母の手料理を褒めるべからず・・・・・
といった感じでしょうか?

 私は父の寝ている隣で読んでいたということもあってか、実家で暮らしていた時に
父が手料理を褒めてくれた頃を思い出しました。

 いつからだったったけね、スパゲッティをパスタって呼ぶようになたのは・・・・・  
                                          月の上の観覧車参照

 私も和風しか出てこない食卓に、何度かカタカナメニューを出したことがあって、
父曰く スパゲッティナポリタンは 赤いうどん なっていました。

 父は作った本人が「これってあり!!」と思うような食事でも残さず食べてくれまし。

 結婚して16年、特にオリジナルレシピは作ってはこなかったけど
少しは腕上がったかな・・・・・。


<アフェリエイトです♪>

【送料無料】...

【送料無料】...
価格:1,575円(税込、送料別)

スポンサーサイト
BOOK | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/11/11 19:04
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。