スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「子どもの心のケアについての講演会」

 気が付けば今日から シ・ワ・ス・・・・
随分寒くなりましたね。
 
 そんな昨日の出来事ですが、PTA行事として
宮城教育大学教授・臨床心理士 佐藤静先生をお招きして
「震災後の子供に対する心のケアについての講演会」がありました。

 息子の通う学校は、校舎も体育館も無事だし他校からの受け入れもなく
例年通りの行事をこなしており、子供たちも何事もなかったかのように
日常を送っているように感じられますがやはり、お子さんによっては
赤ちゃん返りが見られたりと参加されたお母様は悩みがつきません。

 講演内容も震災についてだけではなく、適応・不適応・思春期にともなう
心の変調などにも触れていて、傾聴の大切さやカウンセリング的対応
などかなり専門的な話までしていただきました。

 私については震災後、義理の両親との同居・兄の死・父の入院・母の病院への付き添いなど
忙し日々を送っており、息子にはかなり無理をさせてしまうことが多く
そのたび成長の過程として責任感を育てていったら良いのか、
まだ子供として甘えさせたら良いのか悩んでいた時期だったので
先生に訪ねてみたところ、
「母一人では無理が生じるので、第三者に援助を求めることを進めます・・・」
と言われてしまい、子供は無邪気で我慢をしてしまうので甘えさせることが大事です
と答えていただき疲れもピークに来ていたので、私の迷いはとれました。

 さっそく今日の夕飯時は、義理の父の話を聞きつつ、別の話題でしゃべる息子にも耳を傾け
息子は満足できたかな?

 介護一年生と春から走ってきたけど、これからは上手な協力の求め方と
介護保険を上手に使って、無理なく楽しい毎日を送りたいね♪


スポンサーサイト
できごと | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/01 22:24
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。